美容皮膚科・美容点滴

美容皮膚科について

美容皮膚科とは

美容皮膚科は、“目を大きくしたい”“鼻を高くしたい”などの姿形を美的に形成する「美容外科」とは違い、姿形は変えず、肌そのものを綺麗にする分野となります。

「美容外科」と混同し、メスを使う手術などのイメージを抱いている方が多いかと思います。 しかし実際には、「美容皮膚科」と「美容外科」は、患者様のお悩みや目的、治療内容、また医師の専門分野にいたるまで、その内容は全く異なるものです。

美容皮膚科と一般皮膚科の違い

一般皮膚科

「一般皮膚科」は、保険が適用される皮膚疾患に対する対処的な治療を施すところです。主にアトピー性皮膚炎やかぶれ、手あれ、水虫、にきび、やけど、いぼなど皮膚に生じたあらゆるトラブルを診療します。



美容皮膚科

「美容皮膚科」では、保険枠に限定されない美容医療、主にレーザーや高周波、特殊光、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入物を用いることで、もともと持っている本来の美しさに改善する治療を行います。

治療内容

ダーマペン

ダーマペンとは針で肌にわざと小さな穴を開けることで、肌の本来持つ自然治癒力を引き出し、肌の再生を促す治療方法です。自然治癒力によって改善した肌質は以前よりも若々しいものになるので、肌を生まれ変わらせたいという方にはおすすめな治療です。注入する針の深さを調節することで、ニキビによる赤みやクレーターの改善も期待ができます。 深く注入した場合、数日赤みが残る場合がありますが、メイクは翌日から行って頂けます。

ボトックス・ヒアルロン酸注射

注入治療は、少量でも適切な注入で、理想的な変化を生み出すことが一番大切です。
ボトックス注射では、小顔、ガミースマイル、目尻のしわ、エラ縮小、口角アップに効果が期待できます。
ヒアルロン酸注射では、しわやたるみを取り除く効果や目の下のクマ改善、ふっくらとした唇、小顔効果など様々な効果が期待できます。

ゼオスキンヘルス

スキンケアの分野で世界的に高い評価を得てきた皮膚科医ゼイン・オバジによって開発された医療機関専売の化粧品です。

一般の市販化粧品は肌表面(角質層)のみ潤って一時的な「保湿」目的が多いですが、ゼオスキンヘルスは肌へ効果のある成分を浸透させ、見た目だけでなく真皮まで有効成分を浸透させます。肌本体の機能を細胞レベルで取り戻し、正常なお肌本来の自己再生機能を取り戻します。

美容点滴について

美容点滴

美容点滴では「ビタミンC」や「グルタチオン」など美容に有効な成分を直接身体に取り込むことができます。サプリメントなどの経口摂取と異なり、有効成分が細胞のすみずみまで高濃度で行きわたるのが大きなメリット。そのときどきに必要な有効成分を体に取り入れて、すぐに効果を感じることができます。

美容以外ににも「αリポ酸」や「Lカルニチン」など取り入れる成分によってはダイエット対策や疲労回復の効果も得られます。